セブ島に留学するならサポート会社はここ!

Home > セブ島留学について > セブ島留学として1週間留学を行うメリットとデメリット

セブ島留学として1週間留学を行うメリットとデメリット

 これから先語学留学に取り組みたいと希望される方には、一年を通して温かい気候に恵まれて、惹きつけられる海によって包み込まれたフィリピンにおいての留学を検討している人もいるかと考えられます。 日本国内からも非常に近くそれから、リーズナブルに留学を目指せることから、ここにきて邦人留学生の数多くがフィリピン留学を選ばれています。その中にあっても、1週間のセブ島留学に関してはメリットがいくつかあります。1週間留学の最も大きな利点はやはりその気軽さだと言えます。スクールライフ、あるいは仕事などで過密スケジュールで、長期間休暇を取ることができない人でも1週間でしたら休みの日をセッティングすることで海外留学へと出掛けられます。ですから、多くの方が毎年留学に取り組んでいます。

 1週間留学に取り組む際に心に留めておきたいのは、留学期間内に祝日を挟まない事といえます。祝日につきましては語学学校に関しても休みの日になり、レッスンに関しては営まれません。原則として学費につきましては、1週間レベルでの支払いとなりまして、祝日相当分に関しては返金されることはありません。労力を掛けて入学金、あるいは学費を支払うのならば、最大限レッスンを受けたいと考えられます。出発する前に留学スケジュールの判断を間違えないことを忘れることなく実行することが重要になります。 それに加えて、1週間留学に関しましては、留学のための期間そのものが短いことから、留学費用自体が非常に安く抑えられるのも最高です。フィリピンに関しましてはリーズナブルな外国留学先として支持されていますが、そうは言っても長期滞在となるとコストがかさみます。そういったところ、1週間のみであれば学費も安いです。 フィリピンへと留学するには観光ビザ、あるいはACR I-Cardなど個々のビザが求められますが、1週間の留学ならば、語学学校に対しての入学に要求されるSSP以外にビザ類の手続きは不要です。ビザの手続きに対してはお金、あるいは時間がかかりますし、手間のかかるため、そうしたものを削り落とせるのはメリットです。

 あらためていうまでもなく、デメリットもあります。 英語の能力アップのための海外留学に関してですが、1週間留学では、本腰を入れて入念に学ぶことはできません。それを受けて、人によってフラストレーションを感じてしまうかもしれません。 1週間留学を満足できるものにすることを考えれば、短期集中コースに対しての参加が奨励できます。短期集中コースにつきましては、1日当たりの授業時間を非常に多くしているなど、短期の間で英語能力を鍛え上げるためのテクニックで形作られています。オーソドックスなコースよりも高くなってしまいますが、それに見合った価値はあると言い切っても問題ないでしょう。 したがって、費用をかけてこの短期集中コースを目的に留学している人が、増加傾向にあります。

次の記事へ

TOPへ戻る